僕は元気に生きていこう!

画像この記事、書こうかどうか迷ったんですが、僕にとって大事なことなので書くことにします。

ゼミの仲間が亡くなりました。
あまりに急なことで、悲しいなんて気持ちはさっぱり。
驚きと、なぜ!?? だけが頭を巡りました。

2月26日に自主ゼミで会ったのが最後になってしまいました。
3月末は、彼女の誕生日だったので電話で話したばかり。
そして、来週の土曜はまだゼミで集まろう!と決めた矢先のことでした。

昨日19時からお通夜に参加してきました。
弔問客がとても多く、僕たちゼミ仲間が知らない、彼女の交友関係の広さを感じました。


お通夜に伺った今でも、全然信じられないというのが本心です。
お焼香に並んでいて、彼女のお写真が見えるところに来た時、あぁ、亡くなってしまったんだ・・・と思いはしましたが、不思議にこの現実が心にストンと落ちません。

お焼香を終え、仲間と思い出話をしたのですが、それでも全然信じられない。
身振り手振りを交えて元気に話す彼女の声が、今でも聞こえて来るようです。


1日経った今でも、僕には悲しいという感情が出てきません。
今日はいたって普通の1日・・・。
僕って冷酷!?って思えるほど。
でも、間違いなく言えるのは、次のゼミがつまらなくなってしまったなと思うこと。
もしかしたら、次のゼミで僕は彼女が亡くなったことに心から気づくのかも。


Sさん、安らかに。
天国で僕らゼミ仲間を見守っていてね。
僕はこれからも、勉強に遊びに仕事に精一杯頑張るから!!



お通夜の帰り、最寄り駅に向かう途中に見かけた桜。
ここの桜はまだ散ることもなく、暗闇の中、白く静かに咲いていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月14日 10:12
はじめまして、こんにちは!
ヴィーノさんのところから飛んできちゃいました。
実はここには何度かきてるんですが、こっそりこっそり見てました。
(どらえもんの記事みて映画も子供と見に行きました♪次はヘレン??)

おともだちの件、何といっていいのか分かりませんが・・・
私も阪神大震災で学校の先輩をなくしました。
頭がとても静かだったのを思い出しました。
そのときなぐぉんさんと、同じこと思ったのを思い出しました。
何故か涙はでてこず、何故か悲しいと思いませんでした。
現実を受け止め切れなかったのかもしれません。

でも、あれから10年以上たちましたが今だにその先輩の記憶は鮮明です。きっと私のおばかぶりと、元気さを空から笑ってるんだと思います。
私は元気です!
一日、一日を大切にがんばりましょうね!
(長々とすみませんでした)
2006年04月14日 13:01
キキさん、はじめまして!
ヴィーノさんのところでお名前は拝見していました。
こっそり見(笑)、ありがとうございました。

この記事へのコメント、とても嬉しいです。キキさんの先輩が亡くなられてときの思いを知り、自分も今、そのときのキキさんと同じ気持ちなのかもしれません。

キキさんと同じく僕も元気に、一日一日を大切に生きようと思っています。
ありがとうございました。
僕もキキさんのブログ、こっそり見しますね☆
たこ焼き、おいしそ~♪
2006年04月14日 20:24
 こんばんは。
 私は色々な方のブログを観させてもらっていたんですが、そのなかの一人に昨年の秋「入院記」と題して書いていた方がおりました。
 その方とはもちろんお会いしたことは無く、退院した頃に何度かコメントを書き込んだだけなんですが
 ・・・実は今年の2月に帰らぬ人になってしまいました。
 退院後の記事では、とても元気そうで、仕事にも戻られていたようだったのですが、しばらくして向こう側の友人による訃報のコメントを読んだときショックでした。
 それと、しばらくは実感わかなかったです。
 ブログとHPも数日前まで残っていたので・・・。
2006年04月14日 22:25
友人の突然の死は私も高1に体験しました。
あの日は忘れもしません。高1の2学期始業の日。その日まで彼は元気でした。でも、次の日には居なくなってしまいました。
私も含め、クラスメイトは「え?!」って感じで。
あまりにも突然過ぎると状況が把握できないので涙なんて出ませんね。
机に花が手向けられるようになってから、「あぁ、本当に居なくなったんだ」と実感し、涙が出るようになりました。
2006年04月15日 00:41
> しゅうさん、コメントありがとうございます。
いつも読んでいたブログの方が亡くなってしまったというのは、すごいショックだったと思います。
実感がわかないというのも、今回のことで僕もよくわかります。
人の死というのは、知人でもそうでなくても、本当に特別なことなのですね。

> テロテさんは、高校のときにもう体験されたのですね。
しかも、次の日にいなくなるなんて・・・。机の上のお花が目に浮かんでくるようです。
僕も今回のこと、本当に「えっ?!」という感じです。いまだに信じられません。まだ電話すれば出てきてくれるような気がします。


この記事書くの迷ったのですが、書いてよかったです。
いろんな方にコメントをいただけ、自分の気持ちも少しずつ整理できているような気がします。
本当にありがとうございます。

この記事へのトラックバック