映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

画像新ドラえもんになって、3作目。
通算では28作目「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」です。
僕のほうは、今年鑑賞第5作目です。

製作: 2008年 日本
上映: 112分
監督: 渡辺歩
原作 : 藤子・F・不二雄
出演 : 水田わさび 、 大原めぐみ 、 かかずゆみ 、 木村昴 、 関智一 、 千秋 、 掘北真希 、 有田哲平 、 三宅裕司

裏山に捨てられていた小さな苗木を拾ってきたのび太
ママに庭に植えることを反対されたのでドラえもんに相談し、苗木が自分で動けるように「植物自動化液」をかけると、苗木は小さな男の子のような姿に。
のび太は「キー坊」という名前を付けてかわいがっていたが、そんなある日、のび太たちが裏山に行くと、巨大な渦が現れ、彼らは“緑の星”に迷い込んでしまう・・・。

ドラえもんは子どものための作品だから、僕が批評するのは少し違うとは思いつつも・・・


画像う~ん、難しすぎるんじゃないかなぁ
もっともっとシンプルにしても、伝えたいことは伝わるのでは
それが、ドラえもんなんだと思うけどなぁ。

導入は、今までのドラ作品的でよかったのに、話が進むにつれだんだん難しくなって。
対立する相手がしっかりといない分、中弛み感があるし、盛り上がりも少ない。

キー坊はかわいく、うまく描かれているけど、他のゲストキャラが立っていない。

う~ん、新ドラえもん初のオリジナル作品だっただけに残念
もうちょっと何とかできたと思うし、しなきゃならなかったと思うんだけどなぁ


画像でも、来年公開は既に決定ってことで、そこは安心
が、エンディングの後に出てきたキャラは・・・


え~っ、またリメイク
いやいや、ここはもうオリジナルでいくべきだと思うんだけどなぁ。

マジ、僕もドラ映画製作に関わりたいよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

まなぶ
2008年03月12日 23:34
弁護士よりも、ドラえもん製作のほうが性に合ってるんじゃない?前から俺はそう思ってたよ。
俺は自分自身、最近、人事担当者とか警察官のほうが合ってる気がしてきたよ。「人を観察する」つながりで(笑)
2008年03月13日 00:00
まなぶさん、こんにちは。
記事アップしてすぐのコメント、ありがとうございます。

うーん、やっぱりそっちのほうが性にあってますかね・・・。僕が関われば、絶対もっとよい作品になると思うんですよね。
でも、弁護士としてやりたいことのほうが多いので、もうしばらく頑張ってみます。

まなぶさんは、人事担当か警察官ですか。
警察官はわからないですが、人事担当は似合っているかもしれませんね、確かに。
まなぶ
2008年03月13日 00:22
今夜は珍しくコメントばかりしてるけど、まあ、そういう気分なので、ついでにかくと、警察官は、例えば組織犯罪対策部とか非常に興味があるよ。昔で言うところの四課だね。
2008年03月13日 09:09
まなぶさん、こんにちは。
なるほど、了解しました。
2008年04月02日 23:30
 コメントとTBありがとうございました。
 私もドラもんの映画って、シンプルな展開のほうがいいなって思います。
 前半はいい感じで物語は進んでいたと思うんだけど、後半は・・・
2008年04月03日 00:23
しゅうさん、コメント&TB、こちらこそどうもです。
僕もしゅうさんと同じ感想でした。シンプルでも伝わるものは十分伝わる、それがドラえもんだと思うんですけどね・・・。

この記事へのトラックバック

  • 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 見てきました

    Excerpt:  リニューアル3作目になる映画ドラえもん。「~恐竜2006」「~新魔界大冒険」と原作リメイクが続き、今回は完全新作!!。原作にある短編「さらばキー坊」が下敷きになっているそうですが・・・。 {%新芽w.. Weblog: 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく racked: 2008-04-02 23:15