映画ドラえもん のび太と鉄人兵団

画像映画館での鑑賞今年8本目
ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団です。
2回目、見に行きました。
(7本目は後日アップ予定)


左の絵は、新作の内容をよく表してると思う。
僕はすごく好き
コチラ映画公式サイトからゲットできます。

さて、新作の感想はコチラを見ていただくとして、今回は25年前のオリジナル版との対比も交えて書いてみようと思います。


画像
リメイク見た後、オリジナルのDVD見ました。
このオリジナル版、僕が一番何回も観た映画だと思う。
だから思い入れがあるし、いま見ても十分感動できる。
原作が素晴らしいからね

冒頭部分など、アングルもよく考えられている。
スネ夫の言動がいかにも人間ぽくて、身につまされる。


でも、今上映中の新・鉄人兵団は、本当によく考えられて作られたんだなぁと感じる。
現代的にアレンジされてるから、に迫力がある。
キャラのセリフは、原作漫画やオリジナルに忠実な部分が多い。
でも、現代に即して、考えられた上での変更点も認められる。

今回新たに加えられた、リルルピッポの祖国メカトピアでの思い出。
これが描かれているからこそ、リルルの苦悩がより伝わってくる。

画像オリジナル版に比べ、リメイク版は直接的に描かれている部分が多いんだけど、だからこそストレートに伝わってくることもまた事実。


とにかく、どちらも素晴らしい作品。
僕の好きなドラ映画、ナンバー1ナンバー2と言っていいかも


新作、また観に行きたいなぁ。
今度は冷えピタ持って行こうかな。
じゃないと、目が真っ赤に腫れちゃって、出るときマジに恥ずかしい