映画 大地の詩 -留岡幸助物語-

画像これ、少年法を学ぶ僕には必須の映画()ってことで見にいきました。
映画館での鑑賞今年21本目はコチラ
大地の詩 -留岡幸助物語-です。

製作: 2011年 日本
上映: 116分
監督: 山田火砂子
出演: 村上弘明、工藤夕貴、 さとう宗幸、 村田雄浩、 隆大介

岡山県高梁に生まれた留岡幸助(村上弘明)。
彼は生まれてすぐに商家の養子となるが、明治時代初めの不平等な身分社会に憤りを感じていた。
成長した彼はキリスト教へ入信し、24才で丹波教会の牧師となり、妻、夏子(工藤夕貴)と子供を連れて北海道の空知にある監獄の教誨師に就任するが・・・


これって、映画?
なんかドキュメントっぽい作風。
展開も早いし、説明セリフも多いし・・・
興味ない人がフツーの映画のつもりで行ったら、 って思うと思うなぁ。


ちなみに、留岡幸助さんという人は児童自立支援施設を作った人。
児童自立支援施設とは何かってのは、今回は割愛。
まあ僕もこの映画で、この人の名前を知ったんだけど


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック