映画 コクリコ坂から

画像久々の映画記事。
もうずっと前に観てたんだけど、アップが遅れてました
ということで、映画館での鑑賞今年24本目はコチラ
コクリコ坂からです。

製作: 2011年 日本
上映: 95分
原作: 高橋千鶴・佐山哲郎
監督: 宮崎吾朗
企画・脚本: 宮崎駿
出演(声): 長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン

東京オリンピック開催を目前に控えた1963年。
横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていた。
高校生の海(長澤まさみ)と俊(岡田准一)は、そんな事件の中で出会い、心を通わせるようになるのだが・・・


うーん、惜しい。
海がきこえる」「耳をすませばのような爽やかなイメージの片鱗はある。
でも、その爽やかな風が最初から最後まで一貫しなかった気がする。
思い出に残る作品になり得たのになぁ、残念って感じです。


とくに前半が残念すぎ。
話がよくわからなくて、ゲドほどではないけど、置いてけぼりにされた感覚。
作り手側の思いが先走っていて、ついていけなかった

後半3/4でようやく追い付き、話を面白く思えるようになった。
なのに、あと一歩間に合わずって印象

それと、ところどころで流れる当時らしき曲が、僕にはちょっと唐突すぎて違和感があったかな。


あと、「豚こま400gで240円」って聞こえたんだけど、それって当時にしては高い


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック