映画 猿の惑星:創世記

画像昨年分、まだまだ続きます。
映画館での鑑賞昨年31本目猿の惑星:創世記

製作: 2011年 アメリカ
上映: 106分
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES
監督: ルパート・ワイアット
出演: ジェームズ・フランコ、 フリーダ・ピント、 ジョン・リスゴー、 ブライアン・コックス、 トム・フェルトン

サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)。
彼は父のアルツハイマー病の薬を開発するため、チンパンジー・シーザーに開発中の新薬を投与していたが、シーザーは驚くべき知能の進化を遂げていた・・・。


これ、よかったぁ
見てて引き込まれる作品です。

画像人間の仕打ちに腹立たしさと申し訳なさを感じつつ、猿たちが行動にうつっていく様を見る。
人間が悪いんだから仕方ないとは思いつつも、それでも何とか止まってくれないかと思いつつ

しかし、彼らは進んでいくのだけれど・・・
ただ、ラストがちょっと甘いかな。

にしても、痴呆の父親役の俳優さん、うまかったなぁ。
アルジャーノン的な悲しさを、こちらにビシビシ伝えてくる演技でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック