映画 ローマの休日

画像今回は、午前10時の映画祭で観た作品です。
映画館での鑑賞昨年34本目は、ローマの休日

製作: 1953年 アメリカ
上映: 118分
監督: ウィリアム・ワイラー
原題: ROMAN HOLIDAY
出演: グレゴリー・ペック、オードリー・ヘップバーン、エディ・アルバート、ハートリー・パワー、ハーコート・ウィリアムス

アン王女(オードリー・ヘプバーン)は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。
ローマでも公務を無難にこなしていくアンだったが、実は・・・


面白かったなぁ、すてきだった
前に見たときには気づかなかったのか覚えてなかったけど、オードリーやグレゴリーの表情からわかる思い、そして心の変化。

さすが名作だよなぁ


母も好きな映画なんだけど、ラストが悲しいという理由で、今回は観に行かなかった。
画像たしかにそういう一面はあるけど、あの別れはお互いが理解して認めた別れ、明日への糧となる別れだと思うんだよね。

お互いの立場・義務をわかっていて、そのための行動に出る主人公たち。
ローマでの素晴らしい思い出を大切にして、これから生きていくんだろうなって思えるハッピーエンドに、僕には思えた。

ただ、ラストのグレゴリーの長い歩みには、どんでん返しがあるんじゃないかとドキドキしたけど。
・・・でも、やっぱり彼女は来ないんだよね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック