かもめ食堂

画像ヤバい、マジよかった~。
素敵な映画に出会えるってのは幸せなことなんだね。
ついつい鼻歌が出てきちゃいます。

ようやく、ようやく、かもめ食堂観てきました。
思ったとおり、いや、それ以上の映画でした
小林聡美片桐はいりもたいまさこが出てて、つまんないわけないよなぁ、考えてみれば。
ますます小林聡美さんのファンになっちゃった。

音楽もいいッス!
エンディングの井上陽水の「クレイジー・ラブ」っていいな~。
古い曲なのかな。探さなきゃ!って感じです。


さてお話は、なにか大きなドラマがあるってわけじゃないんです。
画像
フィンランドで、「かもめ食堂」というお店をはじめたサチエ(小林聡美)。
しかし、1ヶ月近くお客はゼロ。でも、ようやく最初のお客が来る。
その日、サチエは本屋でミドリ(片桐はいり)に出会い、ひょんなことから彼女をルームメートにし、店も手伝ってもらうことに。
そして、マサコ(もたいまさこ)もまた、かもめ食堂に吸い寄せられるように来て、店を手伝うことになる・・・。


というお話。
なのに、なぜあんなに面白いんだろう。
観ている間中、きっとぼくはニコニコしていたと思います。

でも、ほかのお客さんもきっとそうだと思うんです。
映画館中で、クスクスウフフアハハが、ずっと続いてました。
一人で観に行ったのに、お客さんみんながぼくの友達みたいな感覚になっちゃって。
この映画を選んで観に来たお客さんなんだもの、きっとみんな素敵な人たちなんだろなって思ったり。
ガッチャマンの歌を歌える人に悪い人はいないのと同じ!?(笑)

画像映画観て、フィンランドに行きたくなっちゃいました。そしてぼくもお店持ちたいなって。

ヤバいな~、やりたいこと、なりたいもの、まだまだいっぱいあるよ。
体二つにも三つにも分けたい気分。


観てて、自分が主人公に似てるかなって。
もちろん外見じゃなく、考え方とかのこと。

やりたくないことはやらない

って言う主人公の言葉が心に残りました。
だからって、わがままとか逃げとかじゃないんだ。
自分に正直に生きるっていう意味だと思う。
いいな~、そういうの。


画像また素敵な映画に出会えました。
やっぱり人生はヤジロベエ。よいことあって、悪いこともある。
人生はすんばらしい!


…と、べた褒めの映画ですが、一つだけ文句。

お腹すいちゃったじゃないか~!!

おいしいご飯を作るシーンがいっぱい。
夕食前の時間だったから、もう観てて生ツバごっくん。
コーヒーもおいしそうで、香りがスクリーンから伝わってくるかのよう。
ふだんコーヒー飲まないぼくが飲みたくなっちゃった。

画像そして極めつけは、おにぎり
それもコンビニとかのじゃなく、お母さんが作ってくれるような、ふんわりとして、白い湯気があがっているおにぎり。
具は、おかか

ってことで、ついつい作っちゃいました
具も海苔もなくって、ただの塩おにぎり
でも、おいしそ~!

いっただきま~すっ!!

アグッ♪

"かもめ食堂" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント